時間の考え方

時間の考え方について

生まれた時から消費されていく時間という概念についてですが、限られた人生の中で非常に重要な要素です。生まれた時の生活環境や家庭環境を考慮しないで考えると、社会の中で平等に与えられる要素だといえます。

 

もし仕事が忙しくて仕事以外に何もできないといった状況に陥ることも多々あり得ることで、仕事が生きがいで楽しいなんて人でないと非常にストレスがたまり苦痛な状況だと思います。そういった時に時間を有効に使う方法を学んだり考えたりすると作業の効率があがり、自分の時間が持てるようになります。

 

時間の価値はお金と等しい

1億円あってそれを使えば寿命が1年延びるといったことはないのですが、時間とお金はそれぞれお互いに交換することが可能です。もちろん等価交換というわけにはいかないわけですが。

 

時間をお金に換える
アルバイトをする
仕事をする

 

これは時間を使い労働した結果に対して賃金を得るという事で、時間がお金になっている例です。

 

お金を時間に換える
人に依頼する
交通機関を使う

 

これは人に依頼することによって自分ではいくら時間をかけてもできないことをお金を使って実現したり、自分で時間をかけて歩けば無料で行けるところを交通機関にお金を出して早く目的地に着くという事は時間をお金にできていると考えることができます。

 

年齢と時間の価値

基本的に若い時ほど時間の価値は高いです。理由は若いころに努力を積み重ねないと実現できない職業があったり、若いころにしか経験できない事があるからです。

 

若いころのお金について

職業として例を挙げると20歳まで野球をやらずに20歳からプロ野球選手を目指すとどうでしょうか?100%不可能といえます。そもそも狭き門のプロスポーツの世界は若いころの時間を使っての努力が必要になります。

働き出すまえからの若い学生時代にお金を貯めるのはある意味無駄です。何かのために努力するのとは違って少ないお小遣いをためても小さい額のお金であれば、社会人になって働けばすぐに貯めることが可能です。むしろ若いころにしか作れない思い出や価値観を作るような事に使うのが有効です。

 

若いころの時間について

年齢を重ねてくると実感してきますが、今の自分が納得いかない自分であれば、若いころのあの時努力しておけばよかったとか、勉強しておけばよかったなど思い返すことが多くなります。

年齢を重ねるほど時間が過ぎる感覚が早くなってきます。これは新しいことを経験しなくなり、新鮮な感覚が減り日々の生活に慣れることによって起こる感覚です。楽しい時間が早く過ぎ、嫌な時間がなかなか終わらないという短いスパンでの感覚とは別の理屈で実感する感覚です。

時間の考え方関連ページ

時間の作り方
貴重な時間をどうやって私生活や仕事上で作る方法があるかを解説しています。
お金の増やし方
お金と時間はあった方がよく、お金を貯めるには貯金していくことになりますがいかに効率よくお金を増やすかによって増えるスピードが変わります。
ポイントサイトを使った節約術
ポイントサイトを使うと

トップページ サイトニュース お役立ち情報コラム お役立ち情報サイト お役立ち便利アイテム